MENU

利用する目的

作業員

リサイクル率を向上します

土質改良機は、工事現場で発生した土に添加剤を混合して質の高い再生土を作るための機械です。土質改良機を使わなくても再生土を作ることはできますが、広大なプラントを作らなければならず、人手が多くかかるため再生土を作るのに多くのコストがかかるなど問題が多かったため工事現場で発生した土のリサイクル率がなかなか高まりませんでした。土質改良機を使うことによって、これまで述べた問題を解決することができたため、土砂の再生率が大幅に向上することができました。再生土を作るのにコストが大きくかかってしまい、廃棄した方がコストが安いのであれば、なかなかリサイクル率は向上しません。コストをあげることになっていた要因は添加剤を多量に仕入れなければいけないことと広大なプラントの賃料、それにプラントまで残土を運ぶ運搬料です。土質改良機は原料になる土と添加剤を最適な分量で混ぜ合わせる機能があるため、過剰な添加剤を使う必要がなくなりました。大きなプラントを作らなくても現場に土質改良機を持っていけばいいだけなので賃料も不要で、土が発生した場所に土質改良機を持っていけば運搬料もかかりません。土質改良機を使えば、従来の方法よりも高品質の再生土が作れるので、より高く再生土を売ることができます。土質改良機には作業料記録装置が装備されているので、添加剤の使用量や作成した再生土の量が記録され、自治体への報告にそのまま使用することができます。

Copyright© 2018 安全に土質改良機を利用しよう【注意点を要チェック】 All Rights Reserved.