MENU

従来工法の問題点を解決

重機

コストを軽減できます

工事現場で発生する残土を改良して、良質な再生土にリサイクルして、盛り土や埋め立てに利用することができます。従来は地面に穴を掘って、そこに残土とセメントや石灰などの固化剤を入れて、バックホウでかき混ぜることによって再生土を作っていました。しかし、従来の工法では充分かきまぜられないため固化剤を多くしなければいけないためコストが高くなったり、充分な下準備をしなければいけない問題がありました。また、広い敷地でなければプラントを建設できなかったり、風によって固化剤が飛散してしまうといった問題もありました。これらの問題を解決する存在として土質改良機があります。土質改良機は従来工法では別々に別れていた、原料となる土を入れる場所、かき混ぜるバックホウ、それと固化剤の添加の機能を土質改良機1台で包含しています。そのため、従来工法の問題であった広いスペースは必要なくなりました。固化剤はホッパーと呼ばれる容器に入れられていて、しっかりかき混ぜられる混合室に直接入れられるため飛散の心配もありません。しっかりかき混ぜられるため、固化剤の量は最小で済ませることができます。混合室ではある程度石が混ざっていても叩き割ることができるので、下準備にかかる時間も短縮されました。他にも自走式土質改良機を使えば、現場で再生土を作ることができるので、プラントまで原料となる残土を運ぶ必要がなくなるため、運搬費を節約できるといったメリットもあります。

Copyright© 2018 安全に土質改良機を利用しよう【注意点を要チェック】 All Rights Reserved.