MENU

基本構造の特徴

工事現場

混合室のタイプで決める

浚渫工事や道路工事の現場で大量に発生する土砂を品質の良い再生土としてリサイクルして、盛り土や埋め立てに使えるようにするのが土質改良機の役割です。土質改良機は、特殊な機械ですが環境保全の意識が高まっていることもあり、残土のリサイクル率を向上できる機械として重要性が高まっています。土質改良機の基本的構造は、土砂投入用のベルトコンベア、固化剤を入れるホッパー、それに土砂と固化剤をかきまぜる混合室に分かれます。ベルトコンベアはゴム製と鉄製があり、前者は交換時のコストが安いけれども摩耗が進みやすい特徴があり、後者は衝撃や摩耗には強いけれど交換が必要になった時には修理代が高くなる特徴があります。ホッパーにも樹脂製と鉄製のものがあり、樹脂製のものは空のときには折り畳めるので運搬が楽な特徴があり、鉄製のものは壊れにくく修理が容易といった特徴がります。土質改良機で最も重要な混合室はパドルで土砂と固化剤をかき混ぜるタイプのものと、カッターとハンマーで土を叩ききりながらかき混ぜるタイプのものがあります。前者は粘性の高い土や水分が多い土に向いている混合室で、後者は石が混ざりやすい土に向いている混合室になります。原料となる土の性質によって、どちらのタイプの土質改良機を使うか決めるとよいです。土質改良機をレンタルする場合には、土質を示すことによって、その土に適しているメーカーの土質改良機を借りるようにするとよいでしょう。

Copyright© 2018 安全に土質改良機を利用しよう【注意点を要チェック】 All Rights Reserved.