MENU

比較で見るメリット

作業員

メリットが豊富

土質改良自体は自走式土質改良機が登場する以前から行われており、専門的な施設で稼働する定置式プラントは、いわば固定式の土質改良機になります。また作業現場において現地改良する場合には、バックホウ工法やスタビライザ工法などが以前から用いられてきました。これらの従来工法も利点があり、状況によって自走式土質改良機と使い分けられる事があります。しかし従来工法に比べた場合、自走式土質改良機にはメリットが多いという特徴があり、使用する実績が増しています。バックホウ工法は、土質改良する原料土に固化材を散布した後、バックホウのバケットによって混合を行います。汎用性があり小規模な現場においては利点がありますが、混合品質はバックホウ操縦者の技量に左右されます。一方スタビライザ工法は土質改良する地盤に固化材をまき、その上を機械が走行しつつスタビライザによって逐次混合して行きます。大規模な工事での実績も豊富な工法ですが、機械が走行する広さが必要であり、機械の構造上地盤改良などに特化しているので汎用性には欠けます。これが自走式土質改良機となると、原料土と固化材の混合は機械によって自動的に行われるため、混合品質に操縦者の技量は関係ありません。また原料土に固化材を事前に散布する必要が無く、配合量もコンピューター制御されているので、作業は原料土の投入のみに集中できます。さらに自走式なので小規模な現場から大規模な現場まで対応可能であり、シンプルな原理で汎用性も高く、地盤改良から盛土、埋め戻しなどあらゆる場面で活躍します。これだけのメリットがありながら、定置式プラントと同等の優れた処理能力を有しているので、まさに土質改良のスペシャリストと言える機械です。

Copyright© 2018 安全に土質改良機を利用しよう【注意点を要チェック】 All Rights Reserved.