MENU

作業員

比較で見るメリット

従来の土質改良における代表的な工法である、バックホウ工法やスタビライザ工法などに比べて、自走式土質改良機を用いた工法にはメリットが多くあります。改良土の混合品質が安定しており、工事規模の大小も選びません。さらに混合の処理能力も高く、土質改良にまつわるあらゆる場面で活躍する汎用性もあります。

詳しく見る

重機

従来工法の問題点を解決

従来の工法で残土を良質な再生土にするには、手作業が多かったり、広いスペースが必要だったりと多くの問題がありました。土質改良機を採用することによって、従来工法の問題点のほとんどを解決することができ、更に残土の運搬費用も削減できるようになりました。

詳しく見る

工事現場

基本構造の特徴

土質改良機の基本構造は、ベルトコンベアとホッパーと混合室に分かれます。その中でも最も重要な混合室のタイプは原料となる土によって適しているものが異なります。レンタルをするときには、土質を閉めることによって適切な土質改良機を使うようにしてください。

詳しく見る

重機

混合室の特徴で選ぶ

自走式の土質改良機を選ぶ時には、現場で発生する土砂の水分量で決めるようにしてください。水分量が多い場合にはパドルでしっかりかき混ぜる混合室をもったメーカーのものを選ぶようにしてください。その場合、大きめな石が混入するときにはスクリーンを併用するようにしてください。

詳しく見る

作業員

利用する目的

土質改良機を使うことによって、従来の方法の問題点が克服できたことで土砂のリサイクル率を向上させることができました。特に余計なコストを削減することができたので、廃棄するよりもコストが安くなったり、高く売ることができるようになりました。

詳しく見る

作業における留意点

工事現場

安全な使用を心がける

定置式の固定プラントと同等の処理能力を持ち、さらにクローラによる自力走行が可能な自走式土質改良機は、活用の幅の広い便利な環境機械です。しかし、どのような機械であっても、誤った使用方法では実力を発揮できませんし、安全性も損なわれます。安全性という意味では、設置場所について気をつけたい点があります。自走式土質改良機は自由に設置場所を選べるのが利点ですが、傾斜がきつかったり地盤が不安定だったりする場所に設置するのは、移動中や作業中に機体が横転する可能性があり危険です。また実際に土質改良作業を行うには、原料土を投入するバックホウ、さらに固化材の保管場所も必要になります。窮屈な状態で運用すると、機械が接触する可能性も大きくなるので、ある程度余裕を持ったスペースの確保を心がけましょう。一方作業効率を良好な状態で維持するには、以下のような留意点があります。まず土質改良機が処理できるサイズを超える石や、木材などの異物は機械の破損や改良土の品質の低下につながるので事前の除去が必要です。こちらはスケルトンバケットなどを用いたバックホウ工法や、振動スクリーンによる選別などで効率よく処理する事が出来ます。また改良土の生成にはセメントや石灰などの固化材を用いるため、作業後に十分な清掃を行わないと機械内部に付着して硬化する可能性があります。そうなると原料土や固化材の通り道を塞いでしまい、故障の原因ともなります。作業後には機体の清掃、特に固化材の投入口や添加装置付近は念入りに洗い流すようにしてください。以上のようなポイントをしっかりと意識し、常日頃から手入れを怠らない事で、自走式土質改良機を安全かつ効率的に運用できるでしょう。

Copyright© 2018 安全に土質改良機を利用しよう【注意点を要チェック】 All Rights Reserved.